赤ちゃんの「あせも」対策は汗かき後の「ケア」が大切 赤ちゃんの「あせも」対策は汗かき後の「ケア」が大切

プツプツと赤くなり、かゆみを伴う「あせも」。汗っかきで肌がデリケートな赤ちゃんにとって、季節問わず気をつけておきたい肌トラブルです。
予防のポイントは、汗かき後の「ケア」。くわしく紹介します。

赤ちゃんはなぜあせもができるの?

story01

汗をたくさんかくと、皮膚がふやけて汗の出る穴がつまり、そこに細菌などが感染して炎症を起こします。これが「あせも」。赤いブツブツが広がり、かゆみもあります。

story01

汗を作る汗腺の数は、赤ちゃんも大人も同じ。ところが、赤ちゃんの体は大人よりも小さく、汗腺が密集しているため汗っかき。そのぶん、あせもができやすいのです。

story01

大人は自分で汗をふいたり、不快感を伝えたりできますが、赤ちゃんはそうはいきません。そのため、症状が出るまで気づきにくいのです。

うちのコ「あせも」体験談

story02
story03
story03

あせも予防のポイントはこの3つ!

story01
story01

汗をかいたままにしておくと、肌のバリア機能が低下し、あせもが悪化してしまうことも。汗をかいていたらこまめにふきとり、衣服が濡れている場合は着替えを。


story01
story01

肌に汗やホコリ、おしっこやうんちがついたままだと、その刺激が肌トラブルの原因に。汚れは早くふきとり、毎日の入浴で石けんを使って肌を清潔に保ちましょう。


story01
story01

赤ちゃんの皮膚はとても薄くてデリケート。お風呂で体を洗うときは、石けんをよく泡だて、手でやさしく洗って。衣類は、綿など肌にやさしい素材を選びましょう。


story01

あせもの原因は汗ですが、汗をかくのは体温を調節するための大切なメカニズム。「汗をかかせないように」と必死になるよりも、かいたあとのケアをしっかり心がけて。

赤ちゃんはなぜあせもができるの?

story01

あせもを予防するには「汗をかいたまま」「汚れたまま」にしておかないことが大切。お風呂やシャワーでしっかり汚れを落としたあとは、たっぷり保湿を。

そこでおすすめなのが「モモセア ローション」。抗炎症成分であせもや肌あれを防ぎながら、うるおい成分ももの葉エキスで、お肌をしっかり保湿してくれます。毎日の「あせもケア」であせもに負けない、すこかや肌に♪

story01

「モモセア ローション」は、便利なポンプタイプ。片手でワンプッシュするだけなので、赤ちゃんを抱っこしながらでもラクラク。手早くケアが可能です。

story01

石黒麻衣さん
英茉 えま ちゃん(当時4カ月)

story01

story01

お出かけ先で汗をかいたときには、シートタイプが便利。汗をふきながら、しっかり保湿。お昼寝のあとや、発熱時に汗をかいたときにもおすすめです。

story06

story01
story01

お散歩やちょっとしたレジャーにおすすめのUVクリームも。お出かけ前に塗っておくとあせもや日焼け後のほてりを防いでくれるので便利。
さらっとした付け心地で、石けんで落とせるウォーターベース処方。

story01

無香料・無着色・パラベンフリー・アルコールフリー・アレルギーテスト済み 無香料・無着色・パラベンフリー・アルコールフリー・アレルギーテスト済み

※すべての方にアレルギーが起こらないというわけではありません。

モモセア商品一覧

外出先でのケアに
モモセアUVクリーム
モモセア
【医薬部外品】
肌あたりのやわらかな
天然コットンシート。
Amazonで購入する
商品詳細へ
おうちでのケアに
モモセアローション
モモセア ローション
(ポンプボトル)
【医薬部外品】
片手で使えて便利なポンプタイプ。
毎日のケアに。
Amazonで購入する
商品詳細へ
紫外線とあせものケアに
モモセアUVクリーム
モモセア UVクリーム
【医薬部外品】
あせもケアしながら紫外線も防げる
外出でのケアに。
Amazonで購入する
商品詳細へ

お買い求めはベビー専門店・ドラッグストア等で。 万一、品切れの際はお店にご注文ください。

TOPに戻る